繊細さん:HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは

繊細なままで夢を叶える,市野貴大,市野実季恵

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは

診断はこちら

この診断表は、に掲載許可を頂いております。

たーくん
自分がHSPだとわかったとき、これまでの自分はダメだ!って思いがゆるんで、ほっとしたんだ。

HSPの特徴まとめ

  • 感受性豊か
  • 刺激(大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂い)に対して敏感
  • ビックリしやすい
  • 短い時間にたくさんのことを求められると混乱する
  • 5人に1人という少数派
  • シャイさ、内向性とHSPは別の性質

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは

ハイリー・センシティブ・パーソンHighly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性を持つ人のこと。

共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。

HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。
物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。

エレイン・N・アーロンや他の研究者によると、HSPは人口の約五分の一を占めるという。

HSPは感覚データを通常よりはるかに深く、かつ徹底的に処理しているが、それは神経システムにおける生物学的な差異によるものだという[3] 。

この特異な性質が発見されたことは、ある種の人々を見る目が大きく変わるという決定的な帰結をもたらす。つまり、生得的なシャイさ、あるいは内向性[6]などとHSPはしばしば混同されてきたが、それらとは一線を画する性質だということである。

この性質は、HSP測定法という内的・外的に妥当性があることが確認されている方法よって測られる[6]。HSPは主に人間を記述するために用いられるが、同様の性質は100種以上の生物にも見られるという[7][8]

引用:Wikipediaハイリー・センシティブ・パーソン

受け入れる生き方がある。

繊細な自分、気にしすぎる自分を克服しようとするのだっていい。

でも、もし苦しいままだとしたら《 繊細さを受け入れて 》自分らしく生きる道もある。

みっく
繊細だからこそ、あなただけの人生を描けるんですよ。

繊細さん:HPSの強みを活かして

 

HSPを知る、きっかけになった本

 

私たちもHSP

ぼくら夫婦もそろって繊細さんなんです。

たーくんの診断と感じたこと

・コップを机に置くコン!って音にビクっとなる。
・気にかけてくれることに、気づいていないように振る舞うよう気を付ける。

今回の結果:
何週間か空けて再度、診断すると結果が少しだけかわります。その日の体調や心理状態で多少変化しています。

CTA
ボタン