自分を幸せにする3つのポイント【たーくま心理学】

繊細なままで夢を叶える,くまさんのおもちゃ箱

幸せになるために必要なことは

人は、次の3つをどんどん満たしてあげることで、幸せに繋がっていきます。

幸せの3つのポイントはコレ

  1. 自分を大切にする
  2. 人を信頼できる
  3. 大切な人を笑顔にする

1:自分を大切にする

まず、3つの中でも最も重要で、自分のことを大切に出来ていると幸せ度がアップします。

自分を犠牲にし続け、他人の幸せのためにガマンを続けながら自分自身も幸せでいるというのは、中々難しくなります。

だから、自分の体と心を大切にしながら生きることが幸せに繋がります。

自分を大切にする。というのは、つまり自分の気分をよくすることです。
少しでも気分がよくなる選択を積み重ねることで、自分の幸福度は上がっていきます。

そして、自分の気分をよくするときのポイントは2つ

1:『やりたくないことをやらないでいる』
2:『やりたいことをやる』

本当はやりたくないことを断る、または辞めること、そして、本当はやりたいことをやることで、自分の気分はよくなります。

2:人を信頼できる

周りの人のことが信頼できなでいるとき、例えば、「みんな、自分のことをなんか嫌いなんだ!」とか「裏切るかもしれない!」と思っていたら幸せの感覚は薄らいでいきます。

逆に、自分の周りの人のことを信頼できているときに幸せでいられます。

とは言え、すべての人を無条件で信頼する必要はありません。それに、そんなことを目指すことはほとんどの人にとって気分のいいものではないと思います。

3:大切な人の心を笑顔にする

人は生まれながらにして、人の役に立ちたいと思っています。

子供を見れば親を手伝いたいと思っているのを感じると思いますし、自分も幼い頃にそんなこともあったと過去を見ることが出来ると思います。

ぼく達の魂には、「人の役に立てたら幸せだな~」「あの人を笑顔にしたいな」って思いがあるんです。

ですが、例え役に立ててたとしても、自分でそれを認めていない場合には感じることができなくなっています。

だから「もっと役に立とう」という想いも持ちつつ、「今すでに笑顔に出来ているんだ」と気付けるようになることで、幸せの感覚を持てるようになります。

CTA
ボタン