いい奥さんになろうとしなくていい

繊細なままで夢を叶える,くまさんのおもちゃ箱

ぼくが結婚をしてからみっくに対して思っていることは『いい奥さんになろうとしなくていい』ってこと。

いい奥さんだったら、きっと料理、洗濯、掃除をキチンと楽しくやる。みたいな理想に合わせることだけはやらなくていいと思っていました。

だから、みっくが料理をしたくないと言ったときには、「それでいいよ」って話しました。ぼくは、みっくが料理をイヤイヤ作るよりも笑顔で食卓を囲める方がよっぽど幸せだと思っていたから。

奥さんなら、旦那さんならこうする。とういう当たり前を辞めて、お互いが笑顔になる選択をすればいい。

その時に、他の人と比べなくていいし、お金がかかったっていい。だって、もっとも欲しいのは笑顔だから。

あらゆることを、笑顔基準で決めればパートナーシップはめちゃくちゃ心地よくなる。

CTA
ボタン