あなたらしいチャレンジで人生は変わる~ベイビーステップ~

赤ちゃん

チャレンジできない私はダメですか?

「どうして自分は大きなチャレンジが出来ないんだろう?」
「人生を変えるのはチャレンジだ!」
から繊細な人は

大切なことは、あなたらしいチャレンジでいいということです。

繊細な人は、未来のあらゆる可能性を考えることに優れています。
そのため、不安要素もたくさん見つかり、前にすすめなくなることもしばしば。
そんな時は、『ベイビーステップ』を考えてみてください。

ベイビーステップ とは?

ベイビーステップとは、赤ちゃんが少しずつ成長するように、ゆっくりじっくりとステップを踏んでいく様子から、目標に向けて行動する際、いくつかのステップを踏むことで、着実に成長していく方法のことです。

そして、『今のあなたにとってベイビーステップ』であることが大切になります。

今 感じる、あなたを大切に

すべての人に共通する、ベイビーステップは存在しません。誰かにとって簡単なチャレンジでも、あなたが簡単か?は別の話です。

「あの人が簡単にできたことなのに」と落ち込むこともあるかもしれません。ですが、それは本来あなたとは関係はなく、なにも問題はないことです。

大切なことは”あなたがやれそう”と感じられることです。

また、自身の成長とともにその感覚は変わります。過去、簡単に出来たことが難しくなっていたり。昔、苦労していたことが、今では簡単になっていることもあります。

そのため ”今” のあなたの感覚を優先してあげてください。

家族や友人、大切な人の言葉よりも”今のあなたがやれそう”と感じる感覚を大切にしてください。

具体例

ここで、繊細なたーくんがこれまでチャレンジした経験から具体例を2つ紹介します。


◇新しい学びを始めたとき

新しいことを学んだとき、多くの場合”教わったチャレンジ”をしようとします。

ただ、繊細な人の場合、ちゃんとやろうとして、でも出来なくて苦しむことがあります。そんな時の参考に。

  1. 学んだときにやろう!って思う
  2. 日常でやってみよう!と思う
  3. やってみよう!と思えたことを認める

『教わったチャレンジをする』をベイビーステップにするのではなく、その前にすでにステップがあります。

こんな行動と呼べないレベルまで、ステップを刻んで行くことで、変化を産むことが出来ます。


◇休職から復帰まで

2014年末に会社を休職していましたが、周りからサポートをして頂くことで10ヶ月かけて復帰することが出来ました。

初めは、こんなスタートでしたが、自分らしい小さいステップを踏み続けました。

  1. 朝起きて、夜寝る
  2. 食事を摂る
  3. 人のいない道を散歩する
  4. 200m先のスーパーに行く
  5. ゲームをして仕事のことを忘れる 

 

たーくん

CTA
ボタン