好きなことで楽しく生きる ~ビジネス:お金~

繊細なままで夢を叶える,市野貴大,市野実季恵

好きなことで楽しく生きる
~ビジネス~

そもそも、ビジネスの目的は?

ビジネスは価値を創造することと言われますが、本来は自分の人生を幸せにすることが目的です。ビジネスに没頭して日々の幸せを忘れてしまったら本末転倒!!

どんなに世の中に価値を提供し続けても、自分や家族、その周りが幸せでなかったら人生は空しいものになってしまいます。

だから、まずビジネスの目的は『自分を幸せにするため』という事を忘れないでください。

コンテンツじゃなく
自分を売る

今、世の中は情報で溢れかえっています。だからコンテンツに差はほとんど生まれません。そんな時代だからこそ、誰から教わりたいか?が重要になってきます。

幸せなマーケティングは
好循環を生み出せる

マーケティングには2種類あります。

  1. 不安ベース(恐怖や不安を煽る)
  2. よろこびベース(楽しさを届ける)

これが一緒になっていると、ビジネスに対する印象が悪くなって、自分が発信するときにも抵抗が生まれてしまいます。

実は、それだけで人を幸せにするよろこびベースのマーケティングがあり、これを知ることで、積極的にビジネスをやていこうと思えるようになります。

『みんなを幸せにするためにマーケティングは存在してる!』

ビジネスのイメージを変えよう

ビジネスと聞いてどんな感覚になりますか?楽しい感覚ですか?それともなんとなく嫌~な感覚ですか?この感覚はビジネスをする上で本当に大切なものになります。

この感覚が嫌~なままだと、ビジネスに対して積極的な行動を起こそうと思えません。これは無意識レベルの影響なので、意志の力ではどうにもならないのです。逆に楽しいと感じる人ほど、楽~に行動を起こしどんどんトライ&エラーをして成功を引き寄せていきます。

では、どうやってこの無意識を変えるか?これはビジネスに対するイメージを変えることで潜在意識を変えていきます。

イメージを作るために”ビジネスで幸せを届けて成功している”人や、企業を想像してください。そして、ほとんどの人がいいイメージを持つ例として『ディズニー』があります。

『ディズニー』は今の時代でも右肩上がりで業績を伸ばしています。そして、誰もが知るようにたくさんの笑顔を届けています。さらに、売り上げを利用して企業を拡大し、より多くの人の心を幸せで満たすという循環が起きています。

『ディズニー』のマーケティングは綿密に計算されていて、とてもビジネスが上手いと言えますが、これに対して「お客さんからお金を搾り取っている」「悪いことをして稼いでいる」とネガティブに捉える人はまずいないと思います。

『ディズニー』のように、ビジネスが上手く、たくさん稼いで、さらに幸せの循環をつくることは、とても素晴しいことだと感じませんか?

実は世の中で長期に渡って成功してる会社は、”ビジネスでたくさんの人を幸せにする”を実現しています。それに気付くほどに、ビジネスに対するイメージが変わり「やりたい」というモチベーションが自然に湧いてくるようになります。

当たり前を知らない
初心者に向けて作る

教えることなんて何もないと思っている人は「あなたの知ってる当たり前を知らない初心者に向けて」教えてあげましょう。全く知らない初心者は常にいます。

あなた周りには、あなたの当たり前を知っている人ばかりかもしれません。
ですが、さらに広くを見渡せば、日本の中でも知らない人の方が多くいます。

本当に好きなことをして稼ぐ

我慢して新しいことが出来るようになることが大切なのではなく、簡単に出来ちゃうことに集中して上手く行っちゃうことをしたらいい。

にんまりする価格を受け取る

あなたが本当に欲しい値段は、あなたがにんまりする価格です。作品の価格に困ったときには、自分の本音を一度確認してみましょう。”本当はこのくらいもらえるとご機嫌になっちゃうんだよね”って値段を知っておきましょう。

体系化する

自分の持っているものを全て出し尽くしてから、それをどう表現するか?考えましょう。

自分だったらどんな○○を作りたいか?

人の、発信や表現を見て、「あぁもっとこうだったらいいのにな~」「自分だったらこうするのにな~」と思うことは、あなたのやりたいことです。

ビジネスは、この「もっと○○なら」を実現することがスタートになります。あなたの内側に湧いた「もっと○○なら」という思いは、”まだ、世の中にない、そしてほかの人が気付いていない”ものなんです。

だから、あなたの「もっと○○」を満たすことが、ほかの人の「これが欲しかった」を満たすことになるんです。

発信とは?素敵なご縁をつなぐ手段

発信を続けていくことで、自分の“好き”“なんの専門家”が伝わります。

そして “あなたに教えて欲しい”と言ってくれる人と繋がっていく。つまり、あなたを必要としている人と出会い幸せを届ける機会が生まれるんです。

発信で、この2つを大切にしたい

ぼくたちが発信する上で、これだけは絶対に守ると決めていることがあります。それがこの2つ。

  1. 嘘を書かずに、本当のことを発信する
  2. 好きなことを書く

繊細さんは真面目な人ばかりなので『①嘘を書かずに、本当のことを発信する』は自然と出来ちゃうことだと思います。ですが、当たり前だからこそ守ると決めています。本当を発信することで信頼関係を育てることにも繋がっていきます。

『②の好きなことを書く』は繊細さんだからこその注意ポイントです。「ちゃんとやろう」「しっかりやらなきゃ」と思うあまり、自分が好きでもないことを書いてしまう事があります。でも、だんだんと書くこと自体が嫌になってきて、発信に必要な”続ける”が出来なくなってしまいます。

発信の効果は長く続けてこそ現れるものなので”続ける”を苦痛にしたくありません。また、好きなことであれば効果が出ない間も「好きなことを書いてるからいいか~」と気楽に続けることが出来ます。

届けたい人を決める

作品やサービスを誰に届けるかを決めることはとても重要です。

オススメは、過去の自分に向けてです。なぜなら、同じ境遇で同じように困っていた人には、気持ちを共感してあげることが出来ますし、実際にその悩みを越えているので、自信を持って関われるからです。

誰に届けたいかを考え出して
悩んじゃうときは

ぼく自身「誰に届けたいか?」を考えることに対して『決めなくちゃいけないこと』『決めると責任を負わなくちゃいけないこと』このように感じて本当に嫌で嫌でしかたがありませんでした。

あなたが「これ私のことだ」と思ったメッセージを思い返してみてください。【本】【音声】【動画】【セミナー】など、あなたが購入しているものは「これ私のことだ」と感じたものです。

そこには、必ずあなたの届けたい人の要素が含まれています。

そして、あなた選んできたものの組み合わせが『届けたい人』になります。

あなたの話を聞きたいと言ってくれる人は、理想のお客さん

あなたから話を聞きたい。あなただから話を聞きたいと言ってくれる人が、理想のお客さんです。

あなたに興味を持ってくれる、もしくは憧れてくれる人の共通点を探してみましょう。

届けたいことは過去に学んだこと

「何を伝えたいか?」「どんな想いを届けたいか?」が大切です。でも「これがわからない」と悩む人がたくさんいます。なので、大きなヒントをお伝えしたいと思います。

それは、あなたが伝えたいことは、過去にあなたが学んできたことの中にあります。

【本】【音声】【動画】【セミナー】などこれまでの学びの中から”あなたが大切”と思ったものがあなたの『伝えたい』ことです。

そして、それを学び体験したときに感じた想いこそが『届けたい想い』になります。

あなただから届く人がいる

学んだことを伝えるとなると、これまでの憧れの講師の方がよっぽど伝えるのは上手く、エネルギーに溢れているから「わたしなんか」と思ってしまうかもしれません。

ですが、あなただから届く人がいるんです。

あなたは、あなたにしかない人生を生きて、あなた独自の解釈でその世界を体感してきました。

あなたに教えてくれた人では伝えられない想いが必ずあります。あなたじゃないと心に響かない人がいるんです。

過去のわたしを全て肯定しよう!

過去の自分が悩んでいたこと、その葛藤を全て肯定してあげる発信をしてください。

あなたは、当時の悩みを乗り越えたからこそ気持ちに寄り添い、受け入れてあげることができます。

そのメッセージで、これまでのあなたと同じように悩む人の心が癒されていきます。

あなたのメッセージで勇気がわきます。

あなたの言葉で、笑顔になる人を増やしていきましょう。

毎日投稿した方がいいですか?

効果から言えばYESです。なぜなら、単純接触の回数が増えるほどに、親密さは増していくからです。

月に一度あなたの言葉を読むよりも、毎日、あなたの存在を感じることで、日常のそばにいる感じがしてくるからです。

そして、人は信頼した人から購入したくなります。

毎日投稿できないときは

毎日投稿した方がいいと、わかっていても、出来ない!そんなことありますよね。

将来、毎日投稿するために、今は無理をしないでください。

「やった方がいい」この言葉を信じて苦しいままに投稿を続けていると、どんどん潜在意識に不快の感覚が刷り込まれてしまいます。

特に繊細さんは、自分らしいやり方に敏感なので、他の人が気づかずにガマンしてできちゃうことでも、とても苦痛に感じることがあります。この先5年、10年続けてくためには、ガマンを続けてはいられません。

自分らしく楽しく続いちゃう方法を探し続けてください。

何を投稿したらいいか?

何を投稿したらいいかわからない、そんな時は、この表を参考に自分はどうかな?と考えてみてください。

発信の内容

本当に幸せにしたい
お客さんを決める

すべてのお客さんのために働こうとしなくていいんです。

そのお客さんに会うと、自分が元気になる人が来るように集客していけばいいのです。

もし、あるお客さんとやり取りをして辛い思いをするなら、それはあなたが悪いんじゃなくて、ただ今後そういう人が来ないような集客に変えていけばいいだけです。

好きなお客さんを紙に書き出す

これまで、出会った最高のお客さんと、もう会いたくないお客さんを、紙に書き出します。そして『どうしたら最高のお客さんが来たくなるか?』『もう会いたくないお客さんが来なくなるか』の両方を考えてみましょう。

『 自分 』 と 『 理想のお客さん 』 を幸せにするために行動する☆

本当にやりたいことをする

自分が本当にやりたくてやったことでないと、たとえ「周りからすごいね!」って言われても、「ありがとう」って感謝されても、そんなにうれしくないということが起きてしまいます。自分が本当にやりたいことをやることが大切です。

本当にやりたいことをやったとき、自然に感謝が溢れる。

自分の心地い作業環境を作る

繊細さんの特徴で、「監視されながらの作業」「制限時間を設ける」などのプレッシャーがかかった状況では本来のパフォーマンスが発揮できにくいと書きました。

なので、自分が本当に心地よく作業できる環境を作ることは、繊細さんにはとても重要な要素となります。

ぼくの場合

  • アイディアを生み出したいときには、散歩(→運動によって脳の働きを活発にしている)
  • セミナー作りは部屋に缶詰
  • PC作業
    ・事務的な作業は図書館
    ・ブログはお気に入りのカフェ
    ・HPの管理作業はスタバ

人を頼る。

何でもかんでも「わたしがやらなきゃ」と抱え込みがちになっていませんか?

人に頼ることは、その人の活躍の場を作ること。相手にとってもハッピーなことかもしれないと思って、試しに頼ってみませんか。

仕事を何もしない
1日ぼーっとする日を作る

繊細さんは、努力家で真面目な人が多いです。「ずっと働いているので、休んだ方がいいとは思っているんですが、作品を作っていないとなんだか罪悪感があって」といった悩みを聞くことがあります。一人で仕事をしていると時間は自由で、いくらでも休みなく働くことができてしまいます。

ですが、頑張るほどに体の疲労は蓄積されていますので、1日一切仕事のことを考えない日を作りましょう。

そもそも、仕事は人生の一部です。本来の目的はあなたが幸せになることなんです。

だから、何もしない日があってもいいんです。そして罪悪感は持たなくていいのです。

仕事のためにならない無駄なことでも、気分がリフレッシュしたり、ただ面白いからといったことをやるとストレスは解消されます。また、結果的に仕事とのメリハリがついてより集中して仕事に取り組めるようになります。

3つの基本設計

ビジネスの設計で考慮したい大切なポイントは次の3つです。

基本設計

  1. 新規顧客
  2. 単価
  3. リピーター

今すぐあなたから買いたい人に向けてメッセージを出す

「今すぐ客」からビジネスはデザインしましょう。ゴールからステップを逆算していくことがコツです。

 

CTA
ボタン