コーチング・カウンセリングを学ぶ

繊細なままで夢を叶える,市野貴大,市野実季恵

コーチング・カウンセリングを学ぶ

コーチ・カウンセラーになりたい人、または、もうすでに対人支援をしている人に向けて書きます。

繊細さん(HSP)は
コーチ・カウンセラーに向いている。

ぼくたち夫婦は揃ってHPSです。繊細さんだからこそ、その特徴を活かしてクライアントさんに関わります。

詳しくはプロフィールに記載したので是非ご覧くださいね。

カウンセリングとは?

今の生きづらさの原因の一つに過去のトラウマがあります。昔、辛かった、悲しかった感情が癒せずに心の奥に溜まっていると今の生活に影響が出てしまします。

癒せずにいた感情を、改めて向き合い感じることで苦しみを癒し、人生をより楽にすることをカウンセリングと呼びます。

もちろん、その影響は大小さまざまなので、すべてのトラウマを癒す必要はありません。自分の人生をより豊かにするために、癒した方がよい案件を扱っていきます。

心理学とは?

ぼくが考える心理学は『 お得情報 』です。

心理学が生まれてまだ100年程しか歴史はありません。しかしその間に何万人、何百万人が心理学の考えを元に現代まで考え、行動し、研究を重ねてきました。

そして様々な悩みを乗り越えて来た情報だけが残りその蓄積が1つの学問としてぼく達に知恵を届けてくれています。

人の心は時代がどれほど変わっても悩むパターンは変わりません。「だったら上手くいった情報をもらった方がお得じゃない?」って思います。

7つの要因について考える

トラウマ、引き金、目的、混乱、スキル不足、わくわく不足、不安の7つのいづれかに問題の要因はわかれています。
しかもそれぞれが同時に起きている事がほとんどです。

どれか1つに捉われすぎず色々な対策を考えていきます。
例えば、こころの問題だと思いっていたことが、ただのスキル不足もあります。

価値観を見つけて人生の
つまづきパターンを見つける

その人の、価値観や信念と言うのは普通に会話をしているだけで伝わってきます。それは【言葉】【表情】【内容】【声量、トーン】など多角的に観察することで見えてきます。

そして、クライアントのパターンを知り、ゆっくりとほぐしていきます。

感覚のシフトを起こす

思考や認知は急には変わりません。そのため少しづつ変化を加えていきます。

無理に思考を変えようとしないで、じわじわ変わっていくことクライアントと一緒に楽しみましょう。

話の聞き方:傾聴

コーチ・カウンセラーにとって基本となるスキルです。

また、コーチ・カウンセラーの内側にある想いがクライアントに影響を与えます。

大切な人を幸せにできる 「聞く」のチカラ:コーチング的、傾聴

2018.12.28

治療外要因:40%

クライアントの症状が良くなった理由を調べた研究をした人たちがいました。結果はなんと、治療と関係ない要因がもっと多く全体の40%ということでした。これは、セッションの時間ではなく、そのあとの生活が好影響を及ぼしたと言うことです。

結果から学べることは、コーチ・カウンセラーは、日常の良かった出来ごとも利用して、クライアントの人生を変えるサポートが出来るということです。

快・苦痛の原理

人は快を求めるか、苦痛を避けるために行動を起こします。我慢してできないのは、しょうがないんです。本能がそうさせているからです。

意志の力でダイエットを決意してできなくても、自分を責める必要はありません。苦しいやり方だったらできなくても仕方ないのです。心地いいやり方だったらできると知ることで、気持ちも軽くなりますし、次の方法も見つかります。

受け入れの連鎖

人は全てを受け入れてもらった時、誰かを受け入れられるようになります。コーチ・カウンセラーはその連鎖の最初の人になりたいのです。

ノーマライズ

クライアントさんが悩んでいる状態に対して、「こんなことで悩むなんて」とか「こんな症状はおかしいのかも」と感じているようなら、どう感じても、どんな行動をしても、あなたと同じ状況になったら誰だってそうなるんです。だから普通ですよ。とクライアントさんに伝えてあげてください。

これをノーマライズと言います。

それだけで、クライアントさんは「そっか、自分だけじゃないんだ」、「わたしが変なわけじゃないんだ」そう思えて少し気持ちが楽になります。

テンションと
モチベーションの違い

やる気には2種類あります。
  1. テンション
  2. モチベーション

テンションとは?
短期的で、急激に上がるのが特徴
「気合いだ!気合いだ!」

モチベーションにも2種類あります。
  1. 外的 = お金、休み
  2. 内的 = 楽しい、好き
最も長期に続くのは内的モチベーションです。特徴は、穏やかなやる気であることです。

24時間 素晴しい人じゃなくていい

繊細さんがコーチングやカウンセリングを学ぶと、ちゃんとしなきゃが発動して、24時間素晴らしい人でいようとします。でも完璧な人なんてこの世界にいません。あたなが聖人のようにいつでも尊敬される人でなくていいいんです。

ダメなとこと、コーチ・カウンセラーらしからぬところがあっていい
人間らしい自分も大切なあなたです。

コーチ・カウンセラーの最優先

誠実なコーチ・カウンセラーであるほどに、自分を後回しにしてクライアントさんの幸せを願っています。本当に素晴らしいことです。同時に、自己犠牲になり、苦しいと感じているならぜひ自分の幸せを最優先に考えてください。

幸せに生きるコーチ・カウンセラーだからこそ、クライアントさんを幸せに導くことができます。

まずは、コーチ・カウンセラーが自分を一番、愛してあげてください。

エネルギーの転換で目がキラキラする

わたしたちのセッションでは、「どうしよう」と悩んでいるクライアントさんが

「あれ?何に悩んでたっけ?」
「あぁ問題じゃなかった。他にもやれることあるじゃん」
「そっか、今はこれが大事だから、まずはここからやってみよう」
「もうダメだ~と思ってたけど全然、順調じゃん!」

こんな感じで意識の転換をしていきます。

より感情を感じてみることや
一緒にワクワクする未来を考えてみたりと
色々な関わりをしますが

結局は、問題の中にいるエネルギーから
解決のエネルギー状態に転換するサポートをしてるんですね。

その転換が起きていく様子はクライアントさんによって
ゆっくりだったり、突然パン!っと切り替わったりと色々ですが
解決のエネルギーになった後のキラキラ目を輝かせてる表情を見ると
「あぁコーチをやっててよかったな~」とニヤニヤしちゃいます。

LINEサポート

みっくは文章からも感情を受け取ります。そこからクライアントさんのメンタルの状況、思考のクセなどを察知して適切にアドバイスをお届けしています。「今のわたしにピッタリ!」と好評をもらっていますので、コーチング・カウンセリングを気軽に体験してみたいなど、ご興味がありましたら、お試しくださいね。

CTA
ボタン