お客様の声(お片付けストーリーお話会)

お片付け

・ みっくの半生が ”鳥肌” もの!30歳頃に建築が好きと気づいて建築士にまでなっちゃうなんて。片付けを通して本当の気持ちを受け取れるようになったから、という関連が、意外で興味深かった。

・ 本当のお気に入りっていう意味が、ちょっとわかったかも。

・ 服の選び方が、参考になった。

・ お二人の、クローゼットにうっとりしているエネルギーが伝わってきました。この景色を壊したくないから服を買いたくなくなる、というエピソードが羨ましくて、私もそうなりたいと思いました♡

・ きれいな部屋に住みたい思いはあるのに、どうして成果が出ないんだろう、どうしたらステップ1を抜けられるんだろうとモヤモヤしていたので、ステップ1は大事な時期と言われていたのが、びっくりでした。成果が出ていない、ではなく、「内面に知識やエネルギーを貯めている」時期、というのが、目からウロコでした!

・ よく「部屋の状態は心の状態」と聞くのが、どこか責められているような気がしてしまい重く感じていたのですが、気持ちが楽になりました。

・ 家の状態を見せてもらい、いいなぁ~ってなりました。

・ クローゼットの変化、本棚の変化の写真が、驚きでした。

・ 変化のコツを聞いて、私にもできるかもと思えた。

・ 時計すごくステキ。たーくんにインテリアのアドバイスしてもらうのいいなと思った。

・ なぜお片付けコーチングを伝えたいか、というお話の中で出てきた、建築コーチングに興味がわきました。店舗リノベーション事例のアフターの写真の、吹き抜けと階段が印象的で、実際に見てみたくなりました。

・ たーくんとみっくの関係性が素敵だなと思いました。コーチ同士の夫婦、いいですね。

・ 今のお家の間取りを、どう活かしたらいいのか、相談にのってほしい。

・ 自分のお部屋が心地よくなったら、と想像したら、掃除したくなってしまいました。

・ 「ごはんを残せる」の意味に納得!

CTA
ボタン