ブログの《まひろさんがお子さんの副腎疲労に向き合った記録》に励まされたうえ、治療所と出会えた!

副腎疲労、慢性疲労、くまさんのおもちゃ箱

もと不登校二人の子の母 まひろさんの記事を見つけた

副腎疲労治療クリニックに通って①~③

寝起きがつらくて検索してたら、こちらの記事にたどり着きました。

お子さん方の副腎疲労、慢性疲労と向き合われた日々をつづられてます。

こんな風に見守って応援してくれるお母さん、ステキ!

まひろさんのお子さんへの関わりがとてもステキです。

よくなるかも?と希望が持てた

このブログを読んで、お子さんの症状があまりにも自分と似ていたので、私もよくなる可能性があるのかもしれないと、とても励まされました。

病院での治療ってどんなことしてくれるか知りたかった

私たちは、静岡に住んでいて、このような病気をみてくださる特殊な病院は、新幹線が必要な距離で、とても遠いです。

この倦怠感の中、体力的に、頻繁な移動は負担です。

また、症状が重くて働けないので、移動費や高額な自費診療の診療費、検査費の用意も考えないといけません。

簡単には病院にかかることを選べないので、先に情報がほしいな〜と思っていました。

どんな治療が受けられるかイメージがついた

このブログを読んで、病院に行けたら、こんな治療が受けられるのだとわかり、なるほどと思いました。

食事療法で徐々に改善してきてはいますが、道のりは長そうですし、栄養について専門家のサポートを受けて、サプリも取り入れたらよりよいのかな?と思いました。

お子さんには指圧の治療所がよかったらしい!

しかし、ブログを最後までよく読むと、病院の治療でも改善はしたようなのですが、まひろさんのお子さんは、実際に日常生活を送れるところまで、症状をぐぐっとよくしたのは、どうやら指圧をしてくれる「川本治療所」の治療だったようでした。

治療ができるのは病院だけじゃなかったんですね。これは盲点でした。

それぞれのアプローチの良さがあると思いますし、効果は人によるかもしれませんが、私はこの「川本治療所」に惹かれるものを感じました。

勇気を出して、まひろさんに直接メッセージして聞いてみたら、とても丁寧にお返事をくださって、「川本治療所」の治療について書かれている、こちらのブログを教えていただきました。

https://ameblo.jp/mahiroadrenal/

たしかに指圧はラクになる!

みっくもいつも背中が張って凝っていて、特に肩甲骨と肩甲骨の間は、よく痛くなります。

前は整体に通っていましたが、たーくんに頼めばピンポイントで、固いところをずっと押してくれるので、たーくんに頼むようになりました。

これをしてもらうと、すーっと体がらくになります。

みっく
指圧してもらってて、これをするととても楽になるので、これからもつらいときはやってもらおうと思いました。
たーくん
ラジャーです。ほで~

みっくのこれまで

椅子にも座れない倦怠感、疲労感、動悸、憂鬱などで自由に動けなくなって8年、数々の病院をめぐり、原因わからず、あるお医者さんからは一生治りませんと言われました。

研究職として働いていた会社は、休職期限の2年が経っても、フルタイムで働けるほど体調が回復しなかったことと、私自身が研究員よりコーチとして生きたいと思うようになっていて、コーチとしては雇っていただけないことから退職になりました。

病気なのか、ナマケモノなのかもわからないし、一生このままならば、と、この状況を受け入れ、このままでどう生きるか、と考えて、やりたいことをやる生き方に変えてきました。

体にムチを打ちながら、建築士を取得し、プロコーチになり、次の道を模索してきました。

ただ、体調は波があり、悪いときも多く、せっかくのやりたいことにも、体が動かず困っていたら、友人が副腎疲労のことを教えてくれて、そこから本を参考に、食事療法を始めてみたところです。

治療院との出会い

今回、まひろさんのブログをきっかけに副腎疲労などの症状に対して指圧をしてくれる「川本治療所」と出会うことが出来ました。

こちらで実際によくなった人がいるというのは、とても勇気になりますし、ホームページを見ると、副腎疲労のスペシャリストだとわかったので、こちらにお世話になってみたいと思います。

みっく
この巡り合わせに本当に感謝です。

たーくん
引き寄せってこういう、情報や可能性に起きるんですね~

こちらは兵庫の治療所ですが、毎月、東京と名古屋でも、出張で治療を行ってくれているとのことです。

詳しくは、問い合わせてみてください。

川本治療所

川本治療所、くまさんのおもちゃ箱

病気の治療所:ブログ

くまさんのおもちゃ箱、みっく、たーくん

 

CTA
ボタン