全く走ったことない僕が42.195kmを完走して学んだ、遠くへたどり着く方法

フルマラソン

もともと、ジョギングとは無縁だった

ぼくは過去にフルマラソンを完走したことがあります。

でもそれまでは、ジョギングを全くしたことがありませんでした。

走ろうと決めたきっかけ

フルマラソンを走ろうと決めたのは、ただ友達に誘われて、やれるんじゃないか?って思ったのがきっかけでした。

昔から散歩が好きで、行く先も決めずにただただ歩き続けるってことをよくやっていて、30kmは行ったことがあったので、だったら行けるかなって思ったんです。

最初は100mも走れなかった

とは言え、走ると決めたときは100mも走れなかった。

ペースが全然わからず、50m走っては100m歩いて、50m走っては200m歩いて帰る、って感じでした。

初日はそんな感じで、走り続けることもできないまま、1kmも行かずに終わりました。

そこで僕が思ったこと

普通は無理だって思いますよね。

でも、まぁ徐々に行けるだろ~くらいに思い続けることにしました。

そのまま続けた結果、1か月で4km走れるようになった

そして、これを続けていると、だんだんと距離が伸びていきます。

1週間で1㎞は走れるようになり、その後1か月目で4km走れるようになりました。

これは、急に体力が付いたわけではなく、今の自分の体力をどんな風にしたら、4kmもつのかペースがわかってきたからです。

だから、走れる距離は伸びていっても、どんどん走るスピードは遅くなっていきました。

10km進めるようになったら、楽しみができた

そして、歩きながらも10km進めるようになった頃から、楽しみができました。

立ち止まって振り返り、家からここまでの道のりを思い返すこと。

道を想像すると家はとっても遠くて
「本当によくここまで来たなぁ~」

って思い、なんかすごいことをしてるような気持ちになって、うれしくなりました。

そして20km進めるようになった

20kmもいく頃には

「すげーな~、1度に1歩しか進めないのにこんなところまで来た!!」

そんな風によろこんでいました。

本番!

練習ではハーフを走るくらいでしたが、本番ではなんとかフルを走り切ったんです。ほとんど歩きましたが・・・完走しました!

フルマラソンを完走して、学んだこと

42.195km、それはとても長い距離でした。

走りきって、わかったんです。

それは、この距離も、ほんの30cmほどしかない、1歩ずつの積み重ねでたどり着くんだ、ということです。

どんなことも、1歩から
この経験をして、ぼくは

”今1歩しか進めなくてもそれを積み重ねれば、自分でも驚くくらい遠くへ進める!”
そんな風に思います。

目指すところが途方もなく遠く感じて、気が遠くなりそうな時、まずは1歩、そう考えてみてくださいね。
少し、勇気が湧いてくるんじゃないかなと思います。

たーくん

CTA
ボタン