ラジオ#01「好きに気づいたら止められなくなった」~隠れて2度目の大学に入るまで~

ラジオ

番組名《オイオイ開いちゃったよ》

DJ 牧田直也さん(たみおさん)、大野由佳さん(ゆかちゃん)

 

「好きなことをして楽しく生きる」がテーマの番組

「好きなことをして楽しく生きる」、それはまさに私が30代になってから全力で追い求めてきたこと!

 

元は「好き」がわからなかった

元はずっと、自分の好きなことが何なのかわからなかったんです。

 

幼少期に、心のセンサーをにぶらせるトレーニングをしてた

私はもともと、感受性が高くて、細やかなタイプ。いわゆる繊細さんです。その一方で、私が子供のころの母は、干渉が多くコントロールの強いタイプでした。

人一倍繊細なわたしは、つど敏感に反応しました。幼い私は、それでも母が大好きでした。だから、母の期待に応えること、母の機嫌を伺うことをガンバりました。

その辛さに耐えるために、物を感じるセンサーをにぶらせて、なんとか心のバランスをとることを身につけました。

 

「好き」がわからないことに何の疑問もなく生きていた

そうして、頭で考えて物事をとらえるクセがすっかり身についた私は、ずっと「好き」をあまり感じたことがなかったのです。

つまり「好き」の感覚を知らない。

だからずっと、「好き」をやってるって思ってたんです。

いつも心がどこか苦しいのだけど、それがなんだかわからなかった。

 

好きを知った衝撃

「好き」だと思っていたそれは、「そこそこの好き」だった。

そのことに、気づいた時の衝撃といったら!

自分の心を、取り戻した瞬間でした。

そこから、幸せがグググ〜っと増えて、たくさんの奇跡が起きました。

好きなことにワクワクする、何かに夢中になるって、こんなに楽しいんだって知りました。

 

だから伝えたい!

だからこそ、「好きなことをして楽しく生きる」、そんな人だらけの世の中を想像したら、最高にハッピーな気持ち!

この生き方、最高だねって一人でも多くの人と分かち合いたい。

だから、まだちょっと苦しいって人には、一緒にこっちの世界で遊ぼう!って伝えたい。1人でも多く!

そんな私だから、このラジオに呼んでもらった時は踊りあがって喜びました。

 

#01のストーリー

私はずっと、「いい子」だったの。

一切わがままを言わない、聞き分けのいい子。親にとっての都合のいい子。

未来が不安で、世間の目や親の顔色ばかり気にして、自分を抑えこんで、自分を律して、守りの姿勢で堅実に、生きていたんだ。

自分の気持ちなんていつだって全然わからなかった。

それは怠惰でダメな自分を引き出す邪魔なものでしかなかったから。

けどそんな中で「好き、やりたい!」がぴょこっと芽生えてしまった。気づいてしまったんだ。本当の、好きなこと。心が躍る感覚。

ずっと忘れていたのに。

怖くて、受け取りたくなくて、葛藤した。

どうしたら元の「常識的な」自分に戻れるだろうって、もがいた。

でも、お腹の底の声は、止んではくれなかったんだ。

憧れの方に、助けてください、苦しいですってすがった。人生なんて、諦めたい。このまま、安全に。安心に。

でもその方は優しく微笑んで言った。

「あなたはあなたの人生を生きていいのよ」

それで、私はハッと目が覚めたんだ。

恐怖を乗り越えて、一歩を踏み出した。

こうして、化学研究員の仕事をしながら、会社に隠して、休日を使って、大学の通信教育部で、建築を学び始めたのです。32歳の時でした。

今回の#01は、そこまでのストーリー。

 

こんな人に聴いてほしい

私は今これでいいのかな…という人にも、そうそう、そんな生き方最高だよね!という人にも、ぜひぜひ聴いてほしい!

ラジオ公開が始まった時は、あぁ、こんな日が来るなんて~と、嬉しすぎてテンション若干おかしくなったくらい。

たみおさん、ゆかちゃん、本当にありがとう。

 

ラジオリンク

#01「好きに気づいたら止められなくなった」

~隠れて2度目の大学に入るまで~

https://youtu.be/i_HJgFyZMOI

 

Anchorでラジオとして聴きたい方はこちら

http://qq3q.biz/NNDa

CTA
ボタン