バド・ダブルス観戦の楽しみ方

バドミントン

ダブルスの見どころ

男子ダブルスのパターンとして、サーブ打ってからドライブ合戦が始まる。そのドライブ合戦で不利になった方がロブを上げるのね。で、ロブを上げちゃうとスマッシュを打たれるわけじゃん。そこから攻めが始まる。

で、試合を通して、スマッシュ打ってる時間が長ければ長いほど、有利に進めるから、ドライブが強いと試合を有利に運べるってこと。

見どころ① ドライブ合戦

サーブ直後のドライブ対決が始まった時に、どっちが先にあげちゃうか、逆にロブを打たせるかってところなんだ。

強いペアはドライブを有利に進めて、ロブを上げさせてるんだよね。

見どころ② 相手に上げさせたい

ダブルスで面白いのはさ、相手のスマッシュをいかに上手く逃げて、自分たちの攻撃パターンに持ってくかってところ。基本的には、スマッシュ打ってる方はずっと打ってたいんだよね。

でも、守ってる側は自分たちがスマッシュを打てるような状況に持って行きたいから、どうしたらそれは出来るだろう?って考えながら守ってる。

で、一番多いパターンは、攻めてる側の前衛がいない場所に、ショートレシーブすること。

補足

ロング・レシーブ:後衛に高くロブを返すこと
ショート・レシーブ:浅くネット際に落とすこと 

攻守交替がわかる。

ショート・レシーブが成功すると、攻めての前衛は ネットより低いところで、取ることになって、ロブを打つしかなくなる。そうすると攻守交代するわけね。そこの攻防が面白いんだ!

これが、わかると、「あっ今攻撃が変わった。」とか「守りはうまく逃げたな」って見えるようになる。

基本思考
攻め側は、攻め続けたい。(スマッシュ:縦に並んでる)
守り側は、攻めに転じたい。(レシーブ:横に並んでる)

上達に繋がる。

試合を見るのが面白いだけじゃなく、『自分が試合中に何をしたらいいか』がわかる。自分が攻めてる時は、『攻め続けるためにどうしたらいいかな?』って考える。守ってる時には、『どうしたら、攻めに転じれるか?』って考えるようになるから、より試合が楽しくなる。

守りになったとき、ずっと守ってても 一般のレベルだったら守り勝ちできるけど、そっから攻めに転じる面白さを学んでほしい。

逆に、攻めも攻め続ける面白さ、相手が逃げようとするのをどうしたら自分たちが攻め続けられるか?っていう思考パターンを持っておくと楽しい!

そして、いろんな技術を学ぶ目的がわかるから上達も早くなるよ~

たーくん

CTA
ボタン