ウォーターアートでみんなを笑顔に 堀川玄太さん

ウォーターアート

ほうきとスプレーを使って地面に絵を描く男性。堀川玄太さん。

子供の頃、発達障害(ADHD)で周りとのコミュニケーションに悩んでいた経験がありました。
堀川さんは、ウォーターアートに出会って人生が変わったそうです。

人に喜んでもらうことがほとんどなかったので、自分が描いた絵でよろんでもらえることが嬉しくて続けているそうです。

今は、ADHDについてもっと多くの人にしってもらいたいという思いで、
近くの学校にいってパフォーマンスをする機会を作っているそうです。

 

NHK 取材動画

ウォーターアートでみんなを笑顔に

水を使って地面に絵を描く“ウォーターアート”見たことがありますか?このアートと出会って「人生が変わった」と話す男性の思いを取材しました。

引用先:NHK NEWS WEB

素敵な動画に出会えて嬉しいなと思いました。
そして、人の笑顔にすることがうれしくて働く姿に感銘を受けました。

 

公式ホームページはコチラ

Water ART genta horikawa

YouTube

 

 

最後に

アドラーの「人は何を持って生まれたのか?そして持っているものをどう使うか?が大切」という言葉と、

「人は生まれながらにして誰かの役に立ちたいという想いを持っているし、人を幸せにすることが自分の幸せに繋がる」という言葉を思い出させてもらいました。

CTA
ボタン