全身、真っ白じゃないとダメだよ~・テニス「ウインブルドン」

テニス

テニスコートって色々あるんだけど

テニスのコートっていくつか種類があって、テレビの試合でよくみるコートは、ハードコート(コンクリートなど+樹脂)、クレーコート(土)。

他に、砂入り人工芝コートというのもあるし、テニススクールだとカーペットコートもよく見るね。

芝生のコート、ウィンブルドン

6月末〜7月頭の時期に、NHK で深夜に放送してる、芝生のテニスコート(グラスコート)の試合、見たことあるかな?

あの大会、「ウィンブルドン選手権」(通称:全英オープン)っていうんだ。

イギリスのウィンブルドンで開催されてる。テニスの四大国際大会のひとつだよ。グラスコートの大会はとても珍しいんだよ。

ちなみにあの芝はなんと天然芝。グラウンドキーパーが、1年かけて整備して、たった2週間の大会に備えるんだ。

そして、ウィンブルドン選手権の特徴は、芝だけじゃないんだよ。

全身、真っ白じゃないとダメ!

テニスって、みんなそれぞれカラフルなウェア着てるよね。スポーツ用品店でも、色とりどりのウェアが並んでる。

でもね、この大会は白い服しか着ちゃいけないっていう決まりがあるの。

全身真っ白。もちろん上着短パン靴下、あと バンダナとか帽子まで、全部が白じゃないといけない。

しかも、ロゴのサイズにまで規定があって、『 ロゴが大きすぎると、試合に出れない 』。そんな細かいところまで決まってるんだ。

ビックリでしょ!

守らないと試合に出れないよ~

試合直前に確認があって、規約違反だと着替えさせられるんだ。

これが、ウィンブルドンだけにあるんだよ。

伝統のウインブルドン

理由は、ウィンブルドンって特に伝統を重んじてて、昔テニスが貴族の間で行われていた格好の色を、そのまま 引き継いてるからなんだって。

青々とした芝生で、白のウェアの選手がプレイしてたら、ウィンブルドンだ!ってすぐわかるね。

特別に、ウィンブルドンで普通のウェアだった事があった!

でも僕は一度だけ、ウィンブルドンのコートで色のついてるウェアで戦ってるのを、見ることができたんだ~。

それは、ロンドンオリンピックのとき。

会場がウィンブルドンのコートだったんだけど、オリンピックとして開催されたから普通のウエアだったんだ。その様子が、なんとも不思議だった!「ウインブルドンなのに白じゃない?!」って驚いたんだよ。

ウインブルドンで検索してみてね~

Google 画像検索 ウインブルドン

たーくん

CTA
ボタン